ガジュマルを剪定してプリティーな姿に大変身【思い通りにCUT】

剪定

剪定で可愛く

ガジュマルは熱帯地方などで見ることのできる植物であり、日本では沖縄などで見ることができます。独特な形をしているのが特徴的な植物であり、見ていて楽しくなる植物として人気があります。ガジャマルの特徴として、上の法から下の法に向けて垂れている根っこが特徴的です。これが地面に付くことで支柱根へと成長します。これを剪定することによって、可愛い形を維持しつつガジャマルの特徴を保った状態で育てることができます。ガジュマルは他の植物よりも生命力が強い植物であり、剪定を失敗しても大丈夫な植物であるため、初心者でも育てることができます。もちろん、玄人の人が育てても大丈夫なので、植物を育てる気持ちさえあれば育てることが可能な植物となっています。

ガジュマルを剪定するときめたのならば、準備する道具がいくつかあります。ガジュマル自体が元々大きい植物となっているので、園芸用の手袋や剪定用のナイフなどが必要です。部屋で育成するのならば、なおのこと剪定をする必要がありますので、しっかりと準備しておきましょう。初めの内はバッサリと切ってしまうのが怖いかも知れませんが、生命力があって成長スピードも早いので、失敗しても大丈夫です。自分好み形になるまで剪定を続けても問題ありません。剪定するのに向いている時期もあります。成長期の前に剪定をすることでミスした時のリカバリーが早くなるので、4月~7月くらいの時期がベストな時期だと言われています。切り戻しや丸坊主をしてもリカバリーが早いので、始めての剪定などにも向いている時期です。注意点として、ゴムの仲間であるガジャマルの木を切ると白い液体が出ることがあります。肌の弱い人だとかぶれる恐れがあるので気をつけましょう。